ザックリ講義
オーストリアの自然派ワイン

※編集中です。

巷で言われる「自然派ワイン」とは何なのか?

「自然派ワイン」についてよく言われること
ピュアなブドウの味わいがそのまま楽しめる
翌日頭痛がしにくい
身体にやさしい印象がある
グイグイ飲めてしまう

ネガティブな意見としては
臭い
色合いが濁っている
味わいが抜栓後どんどん変わっていく
テロワールが感じられない

などがあります。

これらの真偽はさておき、
「自然派ワイン」というのは、なんとなく有機農法などで従来より自然志向で作られたワイン
をひとまとめにして呼ぶ為にメディアが曖昧なまま都合よく使っている言葉であって、
「自然派ワインとはこうである」という、定義などはありません。

この章では、そういった「自然派ワイン」そのものの是非や情報の発信のされ方の是非はおいて置いて、
いくつかの側面からオーストリアのオーガニック農法の現状をご紹介します。

1 有機農法によるブドウからのワイン

2 ビオディナミ農法によるブドウからのワイン

3 畑で有機やビオディナミを実践し、醸造においても人為的なコントロールを極力排除しようとする考えで作られたワイン

[`yahoo` not found]
email this
LINEで送る

オーストリアワイン大使がわかりやすくご案内します