ザックリ講義 ブルゲンラント州その2
赤ワインの中心産地

オーストリアの赤ワイン生産の中心地

ウィーン南東のエリア。ハンガリーと国境を接し、ハンガリーのパノニア平原からの熱風の影響を強く受け、夏は大変暑くなる。十分な日照と気温の上昇があるこのエリアはオーストリアの赤ワイン生産の中心的なエリアであり、オーストリア全体で赤ワインの生産が増加している現在、もっともダイナミックに進化を続けるエリアであると言える。

歴史的にも、ハンガリーとの結びつきが強く、(一時期ハンガリー領だった)その影響は多岐にわたる

つまり、ザックリ言うと

ブルゲンラント=ハンガリーみたいなオーストリア


ノイジードラーゼー周辺
※ブルゲンラント州ですが、別項でとりあげます。
(ノイジードラーゼー、ノイジードラーゼーDAC、ノイジードラーゼー=ヒューゲルラント、ライタベルグDAC)

ミッテルブルゲンラントDAC

アイゼンベルグDAC(旧ズュートブルゲンラント地区


とりあえずAWMBの動画案内を見てみましょうね。↓

[`yahoo` not found]
email this
LINEで送る

オーストリアワイン大使がわかりやすくご案内します