ザックリ講義 ウィーン
首都が今、熱い!

AWMBによるウィーンの説明はコチラ↓

スクリーンショット 2014-12-25 14.36.11

世界で唯一、商業的に意味のあるワイン生産を行っている首都
生産量は多くないが、世界的に見てもユニークなワイン作りが行われている。


key word1  Gemischter Satzゲミシュター・サッツ
世界的に見ても珍しい混植・混醸

ゲミシュター・サッツとは、英訳すると「Mixed Set」一緒くた、程度の意味で、要は多品種のブレンドなのですが、ユニークなのは
畑の段階で一列の葡萄の列にいろんな品種がごちゃごちゃに植えられている「フィールド・ブレンド」
だという事。
それをいっぺんに収穫して、まとめて醸してしまうんです。
普通のブレンドワインだと、品種ごとに畑が別になっていて、それぞれがきちんと熟した状態で収穫。ふつうはそれを別々に醸して、最後に味を見ながらブレンドする訳です。
ゲミシュター・サッツは、いろんな品種をいっぺんに収穫してしまうので、ある品種はやや未熟だったり、一方である品種は過熟だったり、そんな事もあるハズです。ただそれをまとめて醸すことで、味わいに一体感が出るんですね。
別々に完熟で摘んだブドウのブレンドだとどうしても重い味になりますが、このやり方だと複雑でありながら重い味にならない!ここがミソだと思います。 写真↓はウィーンの有名ワイナリーZahelツァーヘルの今年の収穫ブドウ。
こんな感じで黒ブドウも混ぜて一緒に絞ってしまう事もあります。

key word2 Heurige ホイリゲ
新酒、およびその新酒を提供するワイン居酒屋


日本で買える有名生産者

Wieningerヴィーニンガー
Zahelツァーヘル
Mayer am Pfarplatzマイヤー・アム・プファールプラッツ
Hajzsan Neumannハイシャン・ノイマン
Uhler ウーラー


ウィーンのトップ生産者、ヴィーニンガー氏のワイナリー訪問記

(2013年)

【2013オーストリア研修6】ウィーンのトップ生産者・Wieningerヴィーニンガーのワイナリー

【2013オーストリア研修7】ヴィーニンガー、テイスティングルームにて。

【2013オーストリア研修8】ヌスベルグの丘より。


ウィーン観光で、ウィーンのブドウ畑を見たい方向け
2016年に、シノハラが3時間で散策してみたルートはコチラ

[`yahoo` not found]
email this
LINEで送る

オーストリアワイン大使がわかりやすくご案内します