ブドウ品種

オーストリアでは、たくさんのブドウ品種が育てられています。
ヨーロッパでも歴史あるワイン生産国であり、
オーストリア固有の品種が多くあるのが、特徴です。
もちろん、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロと言った国際品種も植えられていますが、
量としては多くありません。
シャルドネとピノ系のものに関しては、フランスからの品種ですが、
12世紀に既にシトー派修道士がこの国に持ち込んでいましたので、
国際品種であると同時に、地場品種と見做してもいいのかも知れません。

whiteGrape


 

<白ぶどう>
最重要 Grüner Veltliner グリューナー・フェルトリナー
オーストリアワインに関して、主要なブドウ品種をひとつだけ挙げろ、と言われたら、この品種です。
安価で軽快なタイプから、重厚な飲み応えのあるタイプまで、様々なタイプのワインを造る事ができます。

最重要 Riesling リースリング
ドイツ原産の高貴品種で、現在では世界中の比較的冷涼なエリアで作れていますが、オーストリアでも長い歴史を誇ります。
生産量が多い訳ではありませんが、質的に国を代表する品種です。

重要 Sauvignon Blanc ソーヴィニヨン・ブラン
世界的に人気の品種ですが、オーストリアでは特にシュタイヤーマルク州のものが名高く、シュタイヤーマルクの生産者にとっては最も高級な銘柄を作る事ができる品種です。

重要 Welschriesling ヴェルシュリースリング
「リースリング」と言っても本家のリースリングとは遺伝的にもほとんど関連のない品種。酸が強く癖のない味わいなので、スパークリングに使われたり、甘口にすると品質のよいものができます。

重要 Weissburgunder ヴァイスブルグンダー
ピノ・ブランの事です。
オーストリアでも石灰系の土壌の場所によく植えられています。

重要 Grauburgunder グラウブルグンダー
ピノ・グリの事です。オーストリアでは時折樽熟され、シャルドネのような雰囲気のものも見かけます。

重要 Chardonnay シャルドネ
樽熟に耐えるフルボディの白ブドウとして、世界的に人気の品種ですが、オーストリアでは長い歴史もあります。
シュタイヤーマルク州では、Morillonモリヨンと言われる事もあります。

Zierfandler ツィアーファンドラー
世界的にも非常にユニークな品種で、テルメンレギオン地区のみで見かけます。品のいいアプリコット、カリンのようなニュアンスを感じます。

Rotgipfler ロートギプフラー
こちらも世界的にユニークな品種で、テルメンレギオン地区のみで見かけます。ほんのりとスパイシー。

Roter Veltliner ローター・フェルトリナー
グリューナー・フェルトリナーの先祖にあたると言われていましたが、近年関係がない事がわかりました。主にヴァーグラム地区で見かける品種で、穏やかな密っぽい雰囲気があります。

Furmint フルミント
ハンガリーのトカイで有名な品種ですが、ルストを中心にオーストリアでも少しだけ植えられています。(9Ha)傑出した甘口ワインを造る事ができます。

Gelber Muskateller ゲルバー・ムスカテラー
マスカット系の品種です。軽快なワインを作ります。オーストリア全土で作られています。

Traminer トラミナー
ゲヴュルツトラミナーに限らず、トラミナー系品種の総称としてよく使われます。シュタイヤーマルク州で見かける事が多い。


 

<黒ブドウ>

黒ブドウは覚えるべきは4つで、どれも重要です。

最重要 Blaufraenkisch ブラウフレンキッシュ
晩熟な品種で、長期熟成タイプのワインとなり、質的にオーストリアを代表する黒ブドウ品種。テロワールの違いも明瞭に表現します。

最重要 Zweigelt ツヴァイゲルト
生産量が最も多いのはこのツヴァイゲルトです。ブラウフレンキッシュとザンクト・ラウレントの掛け合わせとして、ツヴァイゲルト博士が開発したもの

重要 Sankt Laurent ザンクト・ラウレント
伝統品種だが生産量が多くない。ピノ・ノワールに似た風味。片親はピノ・ノワールではないかと言われています。

重要 Pinot Noir ピノ・ノワール
シトー派の影響で12世紀にはオーストリアでも栽培が始まっていた。現在栽培面積が増加中で今後ますます注目される品種

Blauer Wildbacher ブラウアー・ヴィルトバッハー
西シュタイヤーマルク地区の唯一無二の個性のロゼワイン「シルヒャー」の原料ブドウ。

Merlot メルロ
ボルドー原産の国際品種。一昔前に盛んに植えられ、ブレンドされました。

Cabernet Sauvignon カベルネ・ソーヴィニヨン
ボルドー原産の国際品種。こちらも少量見かけますが、オーストリアでは完熟させるのが難しい。

Syrah シラー
ローヌ原産の国際品種。こちらも少量みかけます


オーストリアワイン 基本の「き」 グリューナー・フェルトリナー と リースリング

香りの特徴 土壌 味わい その他
Grüner Veltliner 白コショウ、トロピカルフルーツ レス・原成岩・砂利 軽いものから色々 土壌で大きく味が変わる ・果皮からのほのかな苦味
Riesling 白桃・レモンの皮・白い花 基本的に原成岩が好き 酸が強い・長熟 熟成するとペトロール香

[`yahoo` not found]
email this
LINEで送る

オーストリアワイン大使がわかりやすくご案内します